セットとバラのプリンタインクの値段

プリンタインクには、単色での商品と、複数の色がセットになっている商品があります。普通、セットになっていれば、いくらかは安くなるようにも感じますが、プリンタインクのセット商品は、セットになっているからと言って安くなっているわけではありません。しかし、インターネットのお店の中には、セット品だと安くなるという互換インクがあるのです。互換インクは、メーカーでの純正インクと互換性を持つ新品のインクカートリッジを利用しているものであり、純正インクと同じ性能を持つと言います。また、プリンタインクには、中古のインクカートリッジを利用している再生インクもありますが、これはリサイクルインクと呼ばれるものになります。どのインクが一番良いかと言いますと、純正インクが最も良いとされ、継いで互換インク、再生インクと言う順になるのではないでしょうか。

しかし、純正インクを使っていると、プリンターが故障した時の修理費用が安くなるなどの利点があるのです。これは純正以外のインクを利用していると、修理費用が割高になるという事でもあるわけです。所で、プリンターで印刷を行っている時に、プリンタインクが残り少なくなると、インクが残り少なくなった事を示すメッセージが表示されます。これは、プリンタインクにICチップが取り付けられており、このICチップで残量を見ているのです。しかし、インクの残量が少なくなった事を警告するだけであり、直ぐにインクが無くなるわけではありません。しかしながら、このICチップがあるおかげで、インク残量の把握が出来、そろそろ替え時期である事が解るわけです。また、インターネットのお店の中には、この互換インクの保証を行なっているお店もあります。これは、初期不良として起きた時の保証であり、1年間の保証をしている事が多いのが特徴です。破損が起きた時、インクが漏れた場合、インクカートリッジが認識不良を起こした場合、プリンターとの相性不良となった場合などであり、これらの症状が起きた場合は、新品と交換してくれるのです。因みに、相性不良というものは、プリンター本体とインクとの相性になるわけですが、1つのプリンタインクは、同じメーカーの複数のプリンターで利用する事になりますので、機種によっては相性が良くないとされる互換インクもあるわけです。

しかしながら、相性不良となるのは稀な話であり、大半のプリンターに適合すると考えても良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)