プリンタインクの寿命は半年から1年と言いますが

国内にはいくつかのプリンターメーカーがありますが、これらのメーカーのプリンターで利用するプリンタインクには色々な種類があります。また、各メーカー毎に、数種類のプリンターが発売されていますが、このプリンターにもいくつかの種類のプリンタインクがあり、機種毎に利用出来るプリンタインクの種類が異なるのです。そのため、同じメーカーの商品だからと言って、どんなプリンタインクでも利用が出来るわけではないわけです。また、プリンターには、いくつかのインクの組み合わせと言うものがあります。これは、4色タイプであったり、6色タイプであったり、中には8色タイプなどのインクを利用するプリンターもあります。インクジェット方式のプリンターの場合は、1つの色が無くなると、その色を交換しないとプリンターが利用出来ないものとなっており、必ず全てのインクの残量がある事が利用条件としてあるのです。

また、プリンターメーカーは、このインクの有効期限を半年や1年のように定めており、インクは出来る限り早く使うように推奨しているのが特徴と言えます。しかし、プリンターのインクは、頻繁にプリンターを利用しなければ中々減るものではありませんし、特定の色だけが減りが早いという事もあるのです。一般的に、プリンターを使うのが最も多いのは、年賀状などを作る季節ではないでしょうか。年賀状を作る季節になると、プリンターメーカーは新製品を発売すると言う時期でもあり、買い替えをする人も多くいます。また、これ以外の時期でプリンターを多く利用する時期は、学校などで運動会が行われる時期など、イベントがある時期となるのです。これは、写真を印刷すると言う意味において、プリンターを利用する機会が多くなるわけです。一般の文書を印刷するというのは、人によりけりであり、どちらかと言うと、写真の印刷が多くなります。写真の場合は、その写真の中で利用されている色が多く利用される事になりますので、同じ様な写真を何枚も印刷を行うと、同じ色のプリンタインクだけが減るのが早まります。また、文書などを印刷する場合は、色を使わなければ黒のインクだけが無くなります。

因みに、黒のインクは、カラーでも利用する色になりますので、一番早く無くなるインクでもあるのです。先ほど説明をしたように、インクジェット方式のプリンターは、1つの色が無くなると利用できなくなりますから、黒のインクは予備を用意しておくと便利なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)