プリンタインクを賢く使って賢く購入する方法

今、各家庭においてパソコンの普及率が上がるにつれ、比例して需要があるのがプリンターです。デジタル時代に突入した今、カメラでさえもデジタルカメラ、通称デジカメが一般的です。このデジカメもプリンター無くしては、機能しないと言っても過言ではないのです。そこで、大切になってくるのがプリンタインクです。まず、プリンターの機種によって、色の数も違うならば価格にも大差があります。発色の良さでいうならエプソンが良いという評判を耳にしますが、プリンタインクの価格は高めです。プリンターに合わせてプリンタインクの種類も豊富に存在します。しかし、エプソン製のインクがよく工夫されているのが、プリンタインクのパッケージにおのおの写真が載っており、自分のプリンターのインクの型番がどれなのか、写真を覚えるだけで間違えて購入してしまうリスクを見事に解消してるというところです。

お年寄りなど、覚えにくいインクの型番も写真なら視覚で覚えるため、間違う確率が少なくすみます。そんな私たちの身近にあるインクですが、純正インク、互換インク、最近では詰め替えタイプ、など、様々な形で販売されています。まず純正インク、こちらはインク交換の際、まれに起きるプリンターエラーなどを回避でき、交換も安全に、確実にできるのが特徴です。あまりプリンターを使わない人はこれで十分と言えますが、逆にプリンターを頻繁に使用する人にとっては、コストが割高になってしまいます。そんなときに重宝するのが、互換インクです。こちらは、純正インクと遜色ない発色で正規の会社が製造しているわけではないため、価格が割安となっていることが特徴です。年賀状作成シーズンなど、大量にインクを消費する時などにはおすすめです。しかし、互換インクにもリスクがあります。あくまで、互換インクが純正商品とは別ものです。インク交換時に、プリンター側が認識してくれずに、プリンターエラーがでてしまう可能性が多いにあります。もうひとつ、互換インクは種類も沢山出回っているため、中には粗悪品もあります。発色がひどいものだったり、プリンター側も全然認識してくれない場合もありえますので、あまり安い商品も考えものです。

購入時は、多少の覚悟が必要です。そして、詰め替えタイプのインクです。こちらは、純正インクの空容器にインクを補充するタイプのインクになりますが、非常にエコで詰め替えタイプなので価格も非常に割安です。純正インクの他に、互換インクの詰め替えタイプなども存在します。インクを安く済ませたい人にはオススメですが、詰め替えには少し手間がかかることがデメリットと言えます。このプリンタインクにしても言えますが、物が溢れるこの時代だからこそ、私たちは、様々なニーズに合った物を選び、生活していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)