インターネットで購入したケンダのタイヤ

そろそろタイヤの買い替え時期にきていました。夏の間はなんとか現在のタイヤで乗り切りましたが、これから冬にむけて、いよいよ買い替えないと走行中にスリップすることになりかねないと思い、新しく購入に向けてインターネットでタイヤを探していました。友人から聞いていたケンダのタイヤに興味があり、オールラウンドなタイプのものを希望、インターネットの通販サイトでも購入出来る事が分かりましたが、出来るだけ低価格で購入したかったので、オークションサイトを確認してみたところ、出品されていました。早速入札、希望よりも安い値段で落札する事ができました。新しいタイヤは運転しやすく、何と言っても安心、安全感があります。ドリフトタイヤとして有名なだけあると思いました。今回は初め購入したこの輸入タイヤ、とても気に入ったので、次回もこのメーカーで購入したいです。

ケンダ製の自動車タイヤがもつ性能にみる進歩とは

グリップ力と静粛性の両立などに日本のタイヤメーカーが苦戦していた時代、ケンダ製のタイヤは主に自転車用もしくはバイク用であり、車重が軽い自転車やバイクのためのタイヤとして、とにかく耐久性が高くて長持ちするタイヤだと言われていました。自転車やバイクのタイヤで経験を積んでから、満を持してケンダ製の自動車タイヤが市場に出てきて、初期のころでは耐久性能が及第点より少し上という良さがあるだけであまり目立たなかったとされます。現在のケンダ製の自動車タイヤがもつ性能は、初期のころよりも格段の進歩がみえます。その進歩とは、耐久性とグリップ力を両立させつつも、静粛性が際立ってよくてしかもコストが安いという、多方面で及第点レベルになっているという進歩です。低コストながらもできるだけ長持ちが可能で、しかもグリップ力を効かせられてロードノイズも抑えられるという進歩は、苦心のたまものといえます。

ケンダ製の自動車タイヤが目指す努力目標は

もともとは台湾にあった自転車用やバイク用のタイヤ製造業者だったメーカーが、現在では国際展開も行なっている自動車タイヤメーカーになっています。そのメーカーの名はケンダといい、ケンダ製の自動車タイヤはコストと性能の両立に敏感になっている世界中の自動車ドライバーにとって、注目の的となっています。なんといってもこのメーカーの自動車用タイヤは、こまめな交換が必要なもののそれほど耐久性が低いというわけではなく、それでいて静粛性が抜群であることから乗り心地が良いと評判です。アメリカでもヨーロッパでも、適度な耐久性と静粛性が定評を得ていて、ケンダ製の自動車タイヤが目指す努力目標として掲げられているのは、高品質タイヤをできる限りローコストで販売することといわれます。もともと技術力には定評のあるタイヤメーカーですから、より高品質なタイヤを新素材開発などで開発できると期待されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)