記憶よりかなり安くなったコシヒカリ

新婚当初は自分たちでお米を購入していましたが、コシヒカリはどこどこ産と銘打ったブランド米も有名ですし、何となく美味しいイメージがあり、よく購入していました。その当時、五キロで確か二千円ほどの値段でスーパーで売られており、三週間に一度くらい買っていました。その後、実家の親が地元のお米を農家から直接購入するようになり、私たちもそれを分けてもらっていますが、確かそれもコシヒカリのはずです。最近は自分たちでお金を払ってお米を買っていなかったので、最近の相場をイマイチ分かっていなかったのですが、誰かのブログで、ネット通販で買ったコシヒカリが掲載されており、その値段に驚きました。三十キロで七千円ほどとかなり安く、最近はずいぶんと安く買えるんだなと思わず目に留まりました。しかも通販の場合、玄関まで届くので、スーパーから重い荷物を持ち帰る必要もなく、それだったらみんな通販で買うだろうと感じました。

コシヒカリは美味しい

毎日食べるお米だからこそ美味しいものを選びたいです。お米のブランドは色々あります。昔ながらのブランドでコシヒカリがあります。弾力のある噛みごたえに、炊きあがりの艶やかなご飯は魅力的です。冷めても美味しいのがコシヒカリです。お弁当やおにぎりを作る時にとてもよい種類のお米です。全国各地でコシヒカリを作っていますので、地域によっても味が異なります。人気のエリアの商品はとても美味しく多くの人から好まれています。通常のお米に比べると若干割高になっています。またその年の収穫状況によって価格は変動します。また出来上がりの味にも違いが出る事があります。美味しいお米を食べる事が出来れば、毎日の食事が楽しくなります。お弁当を持参する家庭でしたら断然おすすめです。最近はお米も通販で購入する事が出来ますので大変便利です。

コシヒカリは、お米の旨さを味わえる品種です。

日本人は、お米が主食です。お米が苦手な人はあまり居ないです。日本では、色んな品種のお米が作られています。その中でも、味の旨み、粘り、見た目も、コシヒカリは最高の品種です。その次に、ヒノヒカリ、ひとめぼれなどが人気です。コシヒカリは、昭和31年福井県農試で品種が誕生しました。母が農林22号で、父が農林1号です。塾色鮮美な北陸の品種です。7月中・下旬に宮崎県で新米ができて、9月上・中旬に富山県、茨城県、新潟県などでできます。本当に美味しい品種です。新米は特に美味しいと感じる事ができます。おにぎりにもとても合います。シンプルな塩おにぎりなど、最高です。朝、昼、晩でお米の品種を変えても面白いです。それぞれの献立で色んなお米が合うからです。でも、コシヒカリは大体どんな献立にでも、朝、昼、晩にでも合います。一番好きなお米です。